2018年09月22日

潤いない 肌老化 体内時計乱れ一因

 “シミ・たるみ”、“肌が荒れやすい”、“疲れが取れない”、“風邪をひきやすいなど身体からのサインみられませんか?

 『 夏の終わりから秋にかけての肌荒れは、体内時計の乱れが原因 』 という内容の記事を見付け、この記事と、修正法をご紹介させて頂きます。
青色文字をクリックして頂きますと、説明文または関連記事、サイトが表示されます。

夏バテ 朝の光で心身すっきり

  季節の変動と心身のリズムの関係を研究している国立精神・神経センター精神保健研究所(千葉県)の大川匡子・精神生理部長らの調査で、夏の終わりから秋にかけて、睡眠量が増える傾向にあると分かった。

  不規則な生活をすると、照明やテレビの光といった、人工の光線が大量に目には入り、体内時計が正しい時間や季節を感じられなくなってしまう。 大川さんは、「体内時計が狂うと、疲れやすくなり、頭の回転が悪くなります。 かぜをひきやすく、消化能力も低下。 細胞の新陳代謝が鈍り、肌荒れにつながる」 と言う。

「朝日新聞」1998年8月27日掲載記事(夏バテ 朝の光で心身すっきり)より一部抜粋

  体内時計は、目から入る光の量で日夜や季節を感じ取り、睡眠時間、体温、血圧などを変化させ、身体の調子を整えている脳の奥にある視交叉上核(しこうかさじょうかく)という小豆ぐらいの小さな組織です。
日経Gooday 体内時計の乱れが老化を加速する! 2018.1.17】

体内時計の乱れを修正

トリプトファンを摂る

  体内時計を司るホルモンの1つであるメラトニンは、食事から摂る必要があるアミノ酸トリプトファンから生成されています。 ただ、高温加熱に弱いため、そのままか、レアで摂れる食材がベスト。 大豆を炒ってから皮をむき、挽いたきな粉は、アミノ酸が残るため、豆は炒って食べるのがオススメです。

  単一のトリプトファン、またはこれを含む栄養補食品やサプリメントを大量に摂った場合、肝硬変を招く事がありますが、食材からの摂取であれば安心です。≫ 詳しく見る

体重50kgに対し豊富に含む食材WHO推奨量を満たす割合が●は30〜99%、◆は10〜29%、*は一部除く(魚介は生、肉は脂身なし、豆は表皮がある乾物)

  大豆製品 しらす干し 種実類 かつお チーズ まぐろ さわら レバー 若鶏皮なし(むね もも青身魚 ぶり はまち 豚ロース さけ かれい ひらめ とり貝 サーロイン はつ 魚* 肉*

大豆製品(高野豆腐 きな粉 油揚げ 納豆 豆味噌 ●木綿豆腐おから豆乳
大豆 ささげ いんげん豆 あずき そら豆えんどう
種実類ごま ピーナッツ ピュアココア くるみ
チーズ(ナチュラルチェダー プロセス) ※チーズナチュラル=ナチュラルチーズ
まぐろ[本(赤身 とろきはだ] ※まぐろ本赤身=本まぐろ赤身
たら さけ 鶏(● 黄 ●白) ●うずら] レバー )  はつ
青身魚[いわし(うるめ かたくちさんま さばにしん] ※いわしうるめ=うるめいわし

 「医食同源」 という言葉があります。 食材は薬ではありませんが、継続する事で薬効に近い作用が得られます。 風邪をひいて薬を処方される場合、1週間分出されますので、品を変えながら、まず7日続けてみませんか!?
食べ合わせきな粉バナナとり貝納豆キムチ和えワカメしらすマリネかつお山掛け

【 参考資料 】
「朝日新聞」1998年8月27日掲載記事(夏バテ 朝の光で心身すっきり)
トリプトファン栄養成分効果辞典2011年10月20日開設

Related posts(外部サイト)


posted by 水夢 at 17:37 | Comment(0) | 美しい 肌 髪 ボディ 保つ 成分 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:





スポンサードリンク